オリジナルボールペン

オリジナルボールペン回転シルク印刷の作成例

オリジナルボールペン作成で後悔しないためのポイント

所要時間:約3分

オリジナルボールペンの作成を依頼する前に

独自のデザインやロゴを印刷するオリジナルボールペンは、企業の方はもちろん個人の方も、記念品や贈答用に作る人が多いと思います。作成には当然料金がかかりますので、イメージと違ったり仕上がりに満足できなかったなど、完成後に後悔しないためにもいくつかのポイントを押さえておくことをおすすめします。

ボールペンへの印刷方式は3種類

ボールペン軸やクリップ部への印刷方式は、以下の3種類です。それぞれ、特徴があるので目的にマッチした印刷方式を選びましょう。ただ、ボールペンの形状によっては、微妙に印刷範囲が変わったり、できないことが出てくる場合があります。迷ってしまう場合は、直接お電話やご来店のうえご相談ください。

インクジェット印刷
版を作らずに、直接インクを吹き付ける印刷方式です。写真、イラスト、ロゴマークなどを、フルカラーで鮮やかに印刷できますが、シルク印刷やパッド印刷に比べると割高になります。

シルク印刷
単色の名入れに強い印刷方式です。インクの層が厚いため、インクジェット印刷やパッド印刷に比べて、くっきりクリアに印刷できます。小ロットでも比較的手ごろなコストで作成できます。回転シルク印刷は、さらに広い範囲に印刷できますが、版代と名入れ代が高くなります。

パッド印刷
細かい文字や細い線などに強い印刷方式です。ボールペン軸のザラザラした面や、わん曲した部分にも印刷ができます。4色までの多色印刷も可能です。

ボールペンの使いやすさを考える

オリジナルボールペンを作成する主な理由を聞きますと、ほとんどが社名や団体名などを名入れして配布したり、誰かにプレゼントするためです。ですから、大事な人が使うことを想定して、最初はなるべくならスタンダードな形の長く使いやすいボールペンにするのがおすすめです。

文字やデザインの見せ方を考える

社名や電話番号を名入れするだけの簡単なものから、凝ったデザインの印刷まで色々な希望があると思います。会社のイメージカラーなど変更できない事情以外は、できる限り印象に残るような文字やデザイン、色などをしっかり事前に検討することが大切です。特に、啓発や販促用に作成する場合には大事なポイントになると思います。

せっかく作ったオリジナルのボールペンが使ってもらえなかったり、見てもらえないのは、コストが無駄になるだけではなく、自社のアピールポイントや想いが伝えられないことになってしまいます。

納得できるオリジナルボールペン作成のために:まとめ

ノベルティとしてオリジナルのボールペンを作成するなら、使う人を想定してその人たちが使いやすいものを選ぶこと、文字やデザインを、できるだけ印象付けるものにすることが大切です。

もちろんコスト面も大切ですが、単に安さだけを追求するのはおすすめしません。希望を満たした仕上がりとコストとのバランスが重要です。こういった点は、しっかりとご説明やご提案させていただいておりますので、ご検討中でしたら、いつでもお気軽にご相談ください。

関連記事一覧