オリジナルボールペン

ボールペンに名入れした例 カームメタルペン

ボールペンの名入れ、安さと品質を両立するおすすめ4選

所要時間:約5分

低コストで品質も満足おすすめの名入れボールペンを4つ紹介

この記事は、コストをおさえつつイベント等で大量にボールペンを配布したい、逆に小ロットでもできるだけ安く作りたい方向けになっています。ただし、ひたすら安さだけを追求したものではなく、コストと品質の両方を考えたおすすめ4選です。

上記は、当店での一色刷り「名入れ代・印刷代込み」の目安単価です。タプリクリップのみ本数分の熨斗袋が付いた単価になっています。

安くても使いやすいホワイトクリップ(100本@150円)

この記事では最も安い、完全名入れ専用タイプのボールペンです。安くてもそこはゼブラ。基本性能はしっかりしています。ラバーグリップやバインダークリップは当然ありますし、替芯もロングタイプが入るので長持ちします。グリーン購入法適合商品で環境に配慮しているところもポイントですね。

定番ジェットストリームスタンダード(100本@170円)

ホワイトクリップより単価は上がるものの、そのぶん書き味やインクにこだわりがあります。筆記抵抗が低いので滑らかに書けるほか、インクも濃く出るのでくっきりと文字が描けます。速乾性にも優れているので、手が触れた際のインクの擦れも軽減できるのも嬉しいですね。

安さと高級感を両立カームメタルペン(100本@185円)

さらに若干値段が上がります。でも、これでも比較的コストが安い部類に入るボールペンです。費用をそれほどかけたくないけど、高級感は欲しいといった場合におすすめのボールペンです。オプションで、専用ケースが付けられるのも嬉しいところです。

超短納期の名入れならタプリクリップ(100本@190円)

急なイベント等、早急に名入れしたボールペンが必要!でもあまり費用をかけたくない、だけど品質もそれなりのものが欲しい。そんなときにおすすめなのがゼブラスピード名入れボールペンです。最短、注文日の翌日出荷が非常に助かります。

安さのほかに差が出る部分も考えて選ぶことが大切:まとめ

まず、安くてもなるべく耐久性や使用感が良いものを選ぶことが基本です。これは大手メーカー製のボールペンが安心ですね。安さのほかに差が出てくる部分は、主に「イメージ通りのデザインに仕上げるデザイナーのレベル、プリントの品質」などです。

特にノベルティグッズは、最低100本からの注文が基本になるので、デザイン仕上げ、プリント品質、細かいところでいえば不良混入の割合など、安さだけに注目しているとこういった部分で後悔することがあります。

一色刷り、版代と名入れ代込みで、単価200円以下のオリジナルボールペンは、その安さからかなり人気があります。安ければよい、文字さえ入れば何でもよいというときもありますが、当店としてはコスパを考えつつ、納得・満足できるものを作ることが大切だと思います。

関連記事一覧