ノベルティグッズ

ノベルティグッズの制作を随時受付中です。制作数、制作料金、希望納期などお気軽にご相談ください。

【ノベルティ制作】ウェットティッシュに名入れするときの選び方

ノベルティにウェットティッシュが人気!選び方で気を付けることは?

新型コロナ対策のため除菌ウェットティッシュの需要が高まっています。この記事では、ウェットティッシュでノベルティ制作するときに気を付けたいポイントを解説します。

印刷エリアは「フタのシール(フラップ部分)」になります。ほとんどの場合、1000枚~など大量制作になるので、失敗しない選び方を知っておいて損はありませんよ。では、早速いってみましょう!

ウェットティッシュを選ぶポイント

ウェットティッシュに名入れ印刷しようと思うと、まず最初に気になるのが費用です。単価は、主に次のようなところで差が出てきます。

・制作数(多ければ多いほど単価は下がります)
・ウェットシートのサイズ(スリムタイプ、大判タイプなど)
・1個あたりの入り枚数(10枚入り、20枚入りなど)
・配合成分(アルコール配合の有無、その他の成分)
・印刷するときの色数(一色かフルカラーかなど)

これらを「どのようにするか」決めなければいけません。このような点を把握したうえで、見積り依頼をすると、自分が想定している単価に近くなりますし、トラブルもなくやり取りもスムーズにいきますよ。

それから、単価をなるべく抑えることも確かに重要ですが、使用する人のことを第一に考えることをおすすめします。特に、アルコールの有無です。ノンアルコールタイプでも除菌できるものもありますが、ウイルス感染を防ぐ目的ならアルコール配合のものが無難です。とにかく、除菌できるかどうかは必ず確認しましょう。

タイプ別おすすめのウェットティッシュ

アルコール配合で除菌できるタイプや、少し変わったタイプなどのおすすめをご紹介します。

除菌タイプ


7Days 除菌ウェットティッシュ (10枚入り)
グレープフルーツエキス配合(ノンアルコール)で、肌への優しさを保ちつつ除菌もできます。もちろんアルコールタイプもあります。アルコールで除菌したい方はそちらのタイプを選んでください。

超・防災用ウェットティッシュ 除菌プラス (20枚入り)
5年保証が付いている備蓄タイプのウェットティッシュです。日本衛生材料工業連合会の定める除菌性能基準に準拠した試験方法で、除菌効果を確認しています。保証が付いているのは珍しいですね。特におすすめです。

枚数が多いタイプ


ウェットティッシュ さわやか 超徳用 (30枚入り)
大容量の30枚入りタイプで、たっぷり使えるのが魅力です。さわやかシリーズは、3年保証付きで乾きにくさに定評のあるロングセラーの人気ウェットティッシュです。主に外出先での汚れ落としを想定しているタイプです。

除菌幅広ウェットティッシュ (20枚入り)
一般的なポケットタイプより、シートが若干大き目のサイズになっています。1枚で広い面積を拭けるのが魅力ですね。20枚入りと枚数も多め。エタノール配合なので除菌もできます!

除菌が記載されていないタイプ


冷感 ウェットティッシュ クールウェット (10枚入り)
夏に大好評の冷感ウェットティッシュです。他社比で天然メンソール5倍配合なので、汗を拭いたり不快感を軽減させることに向いています。例えば、災害時の一時的な断水で体が洗えない避難所で役立ちます。

天然水使用 ウェットティッシュ (10枚入り)
天然自然水99%以上、防腐剤を可能な限りなく少なくしたウェットティッシュです。アルコールを使用していません。アルコール過敏症や肌の弱い方にも安心して使うことができるウェットティッシュですね。

ノベルティ制作で困っていませんか?

何でもお気軽にご相談ください!他所で断られた条件でも、貴社の困ったに全力でご対応します!

商品選びが決まらない
急遽必要で期日までに間に合わせたい
デザインが作れない
小ロットで作りたい
できるだけコストを抑えたい

手描き入稿もOK!

手描きでの入稿も受付中です。初めての方は、お気軽にお電話かメールでお問い合わせください。


ラフな手描き入稿の例です

絵に自信がなくても大丈夫。こんな感じにデザインして欲しいという軽い感じでOKです!


手描きを元にデザイン作成します

お客様の手描きをもとに、入稿規定に沿った形でデザインを作成します!


ノベルティ制作のご依頼
\電話・FAX・メール受付中/

お問い合わせはこちら。お見積りは無料です
ご予算、制作数、納期、デザインの相談などお気軽に!ページ未掲載の商品もご対応します。

電話番号

メールで見積り・質問・相談する
FAXのお見積りはこちら(PDF印刷)

セラフィムワン 電子カタログ2022セラフィムワン 電子カタログ2022

関連記事一覧