防災グッズ

避難所生活をする家族

避難所生活でのストレス緩和にはプライバシー確保が重要!

所要時間:約5分

避難所生活で家族のストレス緩和や安心安全を確保する

災害が起きて避難所で生活することになると、思いもよらないところでストレスやトラブルが発生します。その中でも、自分や家族に思った以上のストレスとなるのがプライバシーの問題です。

避難所でプライベートな空間が確保できないと、着替えやトイレといった日常の何気ないことが途端にストレスとなります。被害の大きさによっては、長期にわたる避難所生活になることもありますから、このとき自治体側で設営が遅れたり、自分で準備ができていないと、かなり困ったことになるのは容易に想像がつきます。

こういった事態を避けるため、この記事ではプライバシー確保のための防災グッズを紹介しています。自分や家族が被災したときのことを想定して、予め準備しておけば必ず役に立ちます。

特に、自治体や学校関係者などの方は、混乱やトラブルを避けるためにも、被災者のために、災害は必ず起きるという前提のもとパーテーションや仮設テントの常備をおすすめします。

避難所でプライバシーがないと感じるとき

避難所での生活では、特に女性の方の不安やストレスが大きいようです。主な事例を挙げてみました。

周りの視線が気になって眠れない 着替えが気軽にできない
洗濯した下着を干せない 授乳が気軽にできない
見知らぬ男性と同じ空間で過ごすのが不安

昨今、ほとんどの自治体が、男女別の視点を意識した運営をしているといっても、仕切りや個室の準備に日数がかかったり、職員の気遣いが十分行き届かなかったりすることも考えられます。

自分や家族が、避難所で少しでも快適に過ごせるように、設備が用意されるまで待つのではなく、自分でプライベート空間を確保することが重要です。

パーテーションで横からの視線をカットする

避難所を想定した災害対策用のパーテーション、いわゆる視線をカットできる仕切りです。このパーテーションだけでも、プライバシーの確保に大きな差が出ます。

当店おすすめのファミリールームは、高さを4種類から選べて、必要があれば連結もできます。組立もワンタッチ式なので、自分でも避難所の職員でも、簡単に組み立てできるのが安心できるポイントです。

仮設テントで横や上からの視線をカットする

学校の体育館などでは、上からの視線も気になることがあります。より確実にプライバシーを確保したいときは、天井までカバーできる仮設テントがおすすめです。

当店がおすすめする仮設テントのプライベートルームは、出入り口の幕が2枚になっているので、突然開けられても直接中が見えない構造になっています。夜間も、光の影響で影が透けない仕様になっているので、着替えや授乳も安心してできます。

自治体や学校関係者の方は特に常備する意識を

災害が起きたとき、可能な限り被災者の不安やストレスを与えず、かつスムーズな運営をするためには、やはりパーテーションや仮設テントの常備が必要です。避難所の設営・運営の段階で、不備があれば時間的なロスが起きるため、混乱やトラブルのもとになります。ご検討中の関係者の方は、お気軽にご相談ください。

避難所生活でのプライバシー確保は自分でする意識を持つ:まとめ

プライバシーの確保がすぐにできるということは、自分だけではなく、家族全員が避難所で安心・安全に過ごせるということです。自治体や学校側などでの体制も必要ですが、やはり万が一も考えて、避難先の職員に全て任せる姿勢ではなく、自分で準備しておくことが大切です。

関連記事一覧